ホーム » 日記 » 手堅い人にはオススメだけど、実はもっといい方法がある?

手堅い人にはオススメだけど、実はもっといい方法がある?

フレッツ光をNTT西日本で契約 注意点は?



フレッツ光をNTT西日本で直接申し込む場合の注意点はなんなのか、いろいろと
調べてみました。もちろんものすごくソンしたりすることはないと思うけど、
できるならなるべくお得に契約したいですよね。


まず、フレッツ光と言ってもプランが幾つかあり、「フレッツ光ネクスト」
「フレッツ光ライト」「フレッツ光プレミアム」などからプランを選ばないと
いけません。


何が違うかというと、料金体系や光の通信速度などが違います。例えば
フレッツ光ネクストは通信速度が1Gbpsと一番速いタイプで、フレッツ光の中でも
最高スペックです。通常価格は月々5,400円ですが、NTT西日本の公式サイトから
申し込むとweb光もっと2割が適用されて、月々の使用料が3,810円になります。


フレッツ光ライトは月々の使用料が2,200円からスタート、たくさん使うと4,400円
になる2段階定額制を導入しています。フレッツ光ネクストに比べると、月々の
使用料が安くなりますが、通信速度はその分遅くなります。


さらにオプション多数! ほんとうにいるものをチョイスして



さらに、フレッツ光にはオプションがいろいろついていて、インターネット回線だけ
ではなくいろいろな通信関連のサービスを利用することが出来ます。


例えばひかり電話の場合、月額使用料は基本プランで500円、付加サービスが充実した
プランや通話が多い人の場合は1,500〜3,900円のプランから選ぶことができます。


さらに映像サービスの場合は、フレッツテレビで650円/月、U-NEXTで1,990円/月、
ひかりTVで3,150円/月、TSUTAYA Strickで7,000円/月など。公衆無線LANサービスの
フレッツ・スポットで200円/月、フレッツおでかけパックで600〜1686円/月、
光iフレーム2で500円/月、フレッツ・ミルエネで200円/月となります。


また、安心サポートではリモートサポートサービスが500円/月、フレッツ・ウイルス
クリアが400円/月になります。


色々便利なオプションですが、便利だからとあれもこれもとつけているとそれぞれの
基本使用料上乗せ分が月々の使用料に上乗せされるので注意が必要です。


例えば、戸建てに住んでいて、Web光もっともっと割で契約した場合、月額500円の
プロバイダBB.exciteにして、光電話を利用した場合、月々の使用料は4,810円に
なります。


家電量販店のような制約がないのはメリット!だからこそ自分で選択を



ここまで調べたことをまとめると、NTT西日本でフレッツ光を契約した場合に受けられる
キャンペーンがあることが分かりました。家電量販店でやっているような、オプション
強制加入もないのは嬉しいですね。


だからこそ、自分で取捨選択することが大切になります。ついついつけすぎてしまう
オプションをぐっと我慢して、本当にいるものだけを選択できれば安くなりそう
ですね。


ただし、NTT西日本のキャンペーン自体にはキャッシュバックなど大幅なキャンペーン
はないようです。高額キャッシュバックを狙っているならば他の方法を探してみた
方がいいと思います。

Return to page top